流山地域課題研究会の会報として発行している【Weekly-ai】、
その第一号は議員定数削減問題に触れている。


今日はその議員定数削減問題に関して話をする時間があった。

前にも一度、Weekly-aiを読んでくれている人から、
「流山市の市民が増えているのに議員の数を減らして大丈夫なのか?」
という問いかけを頂いたことがあった。けれども今回の話はちょっと違った。



「私も議員定数削減には基本的には賛成だ。けれども現状、
議員定数削減をしてしまったら、若い議員の方が落ちていく。
長く続ける年長の議員ほど残ってしまう。それで本当にいいのだろうか?」
という問いかけだった。

確かに、そういう現実が流山にもある。
前回、議員の定数が
32から28議席に減ったとき、
議席を確保できなかったのは若い議員だった。



今の選挙は、若い世代の投票率が極端に低い。
また、候補者の選挙戦そのものが、地区単位、自治会単位で活動されているため、
自治会票を取れる候補者がどうしても強くなる。


そして自治会というのは基本的には高齢者で構成されていて、
候補者も自治会役員を経験してから立候補するケースが多いため、議
員と自治会に強い繋がりがある。


どうしても若い議員が選挙に弱くなってしまう構図がここにある。



浮動票と言われる票は確かに存在する。
しかし浮動票の源泉である若い世代が投票に行かないのであれば、
浮動票が選挙に与える影響は限定的にならざるを得ない。


そのために自治会とのパイプをしっかり握っている古参の議員に、
若い世代が選挙で勝てないのだと私は見ている。


私は、「選挙が変わらなければ、政治は変わらない」と考えている。
事実、選挙が変わると政治は変わっていくのだ。


中選挙区制から小選挙区制に変わっただけで、政治は変化の兆しを見せた。
これは制度改革による選挙の変化だが、候補者自身が選挙を変えていくことでも、
あるいは有権者が選挙を変えていくことでも、
政治を変えていく選挙の変革は可能なのだ。



たとえ小さなことでも、その積み重ねをしていくことで、私は政治を変えて行きたい。


[PR]
# by active_report | 2015-03-13 00:46 | 選挙が変らなければ、政治は変わらない!

友たちに思いを馳せて

この時期はどうしても友たちのことを思う。

私たちはその関係をよく「戦友」と呼ぶ。
その現場の空気感を知らない人はきっと、「戦友とは大袈裟な……」と思うのだろう。


けれども戦争を知らない私たちの世代にとって、
そこは戦地以外のなにものでもなかった。



「生きる」とか、「生き残る」とか、
あるいは「生きる場所をつくる」とか……、
そこは生と死の世界の、境を感じる場所だった。




[PR]
# by active_report | 2015-03-11 23:11

震災関連のニュースが、テレビから流れ続ける。
懐かしい顔がいろいろと映っている。


ついつい電話をかけてみると、「おい~久しぶりだなぁ」と明るい声がする。
文字で表記すると普通の挨拶なのだが……
実際に使われている方言を表記しようとするのは並大抵のことではない。
とにかく発音がよくわからない……。



私の近況を伝えながら、もし念願適えば、
是非流山に呼びたいとお願いもしてみる。


私たちはもっと、現場を知ったほうがいい。
流山に足りてないものが、そこにはあると感じる。
彼らだって、失ってはじめてその大切さに気付いたものがいっぱいあるに違いない。



神戸からも、私の近況を知ってメールが届く。
私は神戸から本当にいろいろな事を学んでいる。
彼らはずっとずっと先を行く。



小さい、狭い世界に捉われてはいけない。
井の中の蛙ではいけない。
私がしたいことは、いまのこの状況の、ずっと先にあるのだから。

[PR]
# by active_report | 2015-03-10 23:40

雨降って地固まる

午前中に一本の電話が入った。
市議選候補予定者による公開討論会の企画が延期なったという連絡だった。


3月29日に初石公民館
4月11日に南流山センターという日程で
当初連絡を受けていたのだが、
これが初石公民館・南流山センターともに
418日に変更という連絡だった。


諸事理由はあるのだろうが、
公示日直前の政策交歓会の開催は、
その影響を考えると非常に面白いと感じる。



私の個人的事情を含めて言えば、
329日では早すぎるという感があった。


いろいろとタイミング的に間に合わない、
あるいは早すぎることが多かった。


それが公示日直前までずれこんだことで、
いろいろと面白いことになるかもしれないと思うのだ。

これも一つの「運」なのだろうと思う。


3日に渡る雨模様は、選挙準備活動期間としては手痛い雨にも見える。
だがまだ序盤戦に位置付けている私にとっては、
考えていることを文字にする貴重な時間を得たという感覚が多い。


これは私にとって大きな財産になる可能性がある。

[PR]
# by active_report | 2015-03-09 23:59 | 選挙準備期間

雨の週末に。

庭の早咲きの桜が、もう花をほころばせ始めている。
彼岸系の桜なのだが、例年より
1週間ほど開花が早い。


暖かいというよりも、きっと
12月が寒かったせいだろう。
低温感応で開花が促進される桜は、暖かいだけでなく寒い事も大事だ。



この雨の週末は、二日間かけて事務所の体制を整えた。
家の一室を事務所仕様にしただけの話だけれども、選挙気分はしっかり出ている。



中盤戦に向けて用意は整った。


[PR]
# by active_report | 2015-03-08 23:47 | 選挙準備期間