「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:選挙が変らなければ、政治は変わらない!( 4 )

政策交歓会 前夜

明日、政策交歓会が開催される。

どれだけ人が来るか……というよりも、

ここまで来たら、来た人に少しでも有意義な時間と感じてもらいたい。

政策交歓会に参加する候補者も、司会者も、主催者も

その一点に関しては立場を同じくする協働者と為り得る。

私自身の準備は整っているのか。

つまらない話にならないような工夫がどれだけできるか。

分りやすく説明できるのか。

政治活動、そして選挙の準備も、あるいはボランティア活動も

ここまでやれば大丈夫…というものがない。

難しい領域だ。


[PR]
by active_report | 2015-04-17 23:11 | 選挙が変らなければ、政治は変わらない!

毎日新聞社415日付朝刊を皮切りに、416日付朝刊の読売新聞、東京新聞と議員定数削減問題の是非を問う「流山市有志市民の会」の記事が報道された。

もちろん私は候補者の一人として、この取り組みは3月中に知っていた。そして私自身はこのステッカーを購入し、既にポスターに貼りつけている。



新聞記事の報道の仕方だと、議員定数削減を求める市民団体が、その実現の手法として各候補者に是非を問い、賛成の態度表明をする候補者にステッカーを貼ってもらうことによって有権者が認識しやすい様にする取り組みとして紹介されている。

だが、この取り組みの面白いところはそこではない。候補者が「これをします。あれをします。私は○○に取り組みます」というマニフェストからは候補者を選びにくい現状に対する市民からのテーゼなのだ。


候補者は何かに本気で取り組みたいから議員に立候補するのかもしれない。しかし、当選しなければならないという制約から、どうしても支持を取り付けやすい政策を一緒に掲げてくる。すると、どの候補者も似たり寄ったりのマニフェストになっているように見えてしまう。

違いはどこなのか?

それが見えてこなければ、有権者として選挙に対する関心が薄れてくる。


その違いを明確にできるポイントを探し、それを争点化することによって、候補者を色分けしていく。この取り組みはそういう意味を持っている。

非常に面白い、これからの可能性を持っている取り組みだけに、この記事に取扱には不満が残る。


[PR]
by active_report | 2015-04-17 07:15 | 選挙が変らなければ、政治は変わらない!

Weekly-ai

ほっと一息つける雨の一日。
天気が良ければ活動量が増える。

だが、初出馬の私は勝手も分かっていないこともあってストックがない。
毎週発行している
weekly-aiの原稿書きと編集入稿に支障を来してくる。

c0357961_11003819.png







時折の雨は、そんな事務方作業を進めるにはちょうど良い。


私が選挙に関して思うことは、
立候補予定者がそれぞれ政策をアピールするこの期間……
この期間をもっと社会的に有効に使う方法はないのかということだ。


私が
weekly-aiの発行を決め、実際に発行しはじめて、
多くの方から「難し過ぎる」「こんなに細かく書いても読まない」と指摘を受けている。

けれども住民の、地方政治・地域事情に関する周知度は、
私を含めて高くない。

選挙の期間だからこそ関心が向くのであって、
常日頃の政治は身近な存在ではない。
有権者の判断の前提となる情報は不十分なのだ。

政策をアピールするこの期間に、
それぞれの陣営が少しづつでいいから、
自分の政策に関するデータに基づいた状況分析と、
それに対する見解を述べていければ、
住民の地域に対する理解は深まるのではないか。

そしてそこにこそ、立候補予定者の見識と姿勢が見えてくるのだろうと考える。


Weekly-ai
は、そう考える私の、ひとつのテーゼなのだ。


[PR]
by active_report | 2015-03-19 23:54 | 選挙が変らなければ、政治は変わらない!

流山地域課題研究会の会報として発行している【Weekly-ai】、
その第一号は議員定数削減問題に触れている。


今日はその議員定数削減問題に関して話をする時間があった。

前にも一度、Weekly-aiを読んでくれている人から、
「流山市の市民が増えているのに議員の数を減らして大丈夫なのか?」
という問いかけを頂いたことがあった。けれども今回の話はちょっと違った。



「私も議員定数削減には基本的には賛成だ。けれども現状、
議員定数削減をしてしまったら、若い議員の方が落ちていく。
長く続ける年長の議員ほど残ってしまう。それで本当にいいのだろうか?」
という問いかけだった。

確かに、そういう現実が流山にもある。
前回、議員の定数が
32から28議席に減ったとき、
議席を確保できなかったのは若い議員だった。



今の選挙は、若い世代の投票率が極端に低い。
また、候補者の選挙戦そのものが、地区単位、自治会単位で活動されているため、
自治会票を取れる候補者がどうしても強くなる。


そして自治会というのは基本的には高齢者で構成されていて、
候補者も自治会役員を経験してから立候補するケースが多いため、議
員と自治会に強い繋がりがある。


どうしても若い議員が選挙に弱くなってしまう構図がここにある。



浮動票と言われる票は確かに存在する。
しかし浮動票の源泉である若い世代が投票に行かないのであれば、
浮動票が選挙に与える影響は限定的にならざるを得ない。


そのために自治会とのパイプをしっかり握っている古参の議員に、
若い世代が選挙で勝てないのだと私は見ている。


私は、「選挙が変わらなければ、政治は変わらない」と考えている。
事実、選挙が変わると政治は変わっていくのだ。


中選挙区制から小選挙区制に変わっただけで、政治は変化の兆しを見せた。
これは制度改革による選挙の変化だが、候補者自身が選挙を変えていくことでも、
あるいは有権者が選挙を変えていくことでも、
政治を変えていく選挙の変革は可能なのだ。



たとえ小さなことでも、その積み重ねをしていくことで、私は政治を変えて行きたい。


[PR]
by active_report | 2015-03-13 00:46 | 選挙が変らなければ、政治は変わらない!