2015年 04月 25日 ( 2 )

節目の選挙となりうるか

選挙戦・最終日。



まだもしかしたら、駅頭に立って手を振っている人もいるかもしれませんが、

とりあえず、候補者の選挙期間は終わりました。


……が、有権者にとっては明日、投票を終えるまでは選挙期間です。

その意味では、まだ選挙は終わってないと言えます。


遊説が終わってから、近所の酒屋によりました。

よく買い物をするお店ですが、普通のお客で居たかったので

挨拶はしなかったお店です。


とはいえ、店主の方はもちろん、私が立候補をしている事を知っています。

「地盤もないのに、よく立候補する気になったね」

店主は私を見て、開口一番そう言いました。


事業主、あるいは政党公認、あるいは自治会長経験者等々……。

選挙に勝つために必要なものが、今まではあったのかもしれません。

しかし、だからこそ結局のところ、誰が選挙に勝っても政治が変わらなかったとも

言えるような気がします。



今回、そういう意味でも非常にユニークな選挙模様になったのだろうと思います。

私を含め、従来の慣例にない背景を持つ候補者が多かったのではないでしょうか。

だからこそ、誰がどれくらい得票するのが、誰も読み切れない事態になっているのでしょう。


「選挙が変わらなければ、政治は変わらない」

私は選挙戦の準備をする段階で、調べれば調べるほど、この思いを強くしました。


今回、私を含め、何人かの新人が慣例にない背景を持って選挙に臨んでいます。

この新人が何人かでも当選する様なら、流山の市議会は変わっていくのではないでしょうか。


[PR]
by active_report | 2015-04-25 22:14 | 選挙期間

決戦・最終日前夜

雨の日もありました。
風の強い日もありました。

夕立に降られて、雨の中ずぶぬれになって走ったこともありました。

それもこれも、多くの人に支えられていたからこそ、乗り越えてこられたことと感謝しています。

いよいよ明日が選挙戦最終日です。

応援してくださった方々への恩返しは、まず、この戦に勝ち残ることから始まります。

けれども、37人の候補者全てが、その思いで夜を迎え、明日の戦いに臨むのです。

そこにほとんど差はありません。

選挙の中で出来ることは限られています。

手段が変わらず、思いも変わらず……では、どこに差が生まれるのでしょう。

ポスターの写真やデザインか。

演説のうまさか。

政策の良さなのか。

それとも知人縁者の数か。

とにかく

確かな安心よりも

悔いのない私らしい戦いを心かげる。

戦い方は、状況が決めるのですから。


[PR]
by active_report | 2015-04-25 00:10 | 選挙期間