2015年 04月 19日 ( 1 )

街頭演説

選挙戦が始まった。



街頭演説に関しては躊躇していて、なかなか始められなかった。
今まで駅頭に立てなかったのも、この躊躇のためだろうということは自覚している。


だが……選挙戦が始まった以上は、四の五の言ってはいられない。
小型拡声器のボリュームを最大にして、街灯で話はじめた。



話始めてすぐわかったのは――
街灯演説は恥ずかしくもなんともないことだということ。
街頭演説など、基本的には誰も聞いていない。
堂々と、ゆっくりと話せばいいだけのことだと、すぐに理解した。

しかしこれは、経験しなかれば分からないことだろう。



車に乗って、歩行者から見えにくいところから
マイクで話す宣伝カー選挙から抜け出せない候補者の、
もしかしたら一面を見たのかもしれない。


[PR]
by active_report | 2015-04-19 22:52 | 選挙期間