閉ざされた言葉

驚くほど元気なお爺ちゃんにあった。

足腰がしっかりしているだけでなく、分厚い、鋼のような手をしているお爺ちゃんだった。

「オレは東京が焼けた時に、5年生だったからな。食べるためにその頃からずっと働いていた」

君らみたいな若いものとは鍛え方が違う――そういって豪快に笑う。

その後、今日は次ごう3人のお爺ちゃんお婆ちゃんから、戦争の体験談を聞いた。

何故か不思議と、皆若い。

3人目にあったお婆ちゃん(年齢的には)などは、5060代の女性から同世代扱いされると言う。

選挙に行く時にも「ご本人様ですよね?」と言われるとか。

このお婆ちゃんにはさすがに私も驚いた。

そして何故か、皆……黙して語らない多くのものを抱えているように見える。

この人たちは、きっとたくさんの知識と知恵と、思いを持っている。

少しづつでいい、この人たちの言葉を聞けるようになりたい。

今日はそんなことを考えながら帰ってきました。


[PR]
by active_report | 2015-04-23 23:35 | 選挙期間