選挙戦のセオリー

選挙戦2日目。

街頭演説も下書き無しのまま、5分ほどは話せるようになった。昨日と比べれば格段の進歩だ。



というよりも、下手に下書きを書くと、その文章に捉われてしまう。下書き無しの方が、自分の中にある素のままの考えが表に出てくることに気が付いた。

毎日、テーマだけ決めて街頭演説に臨むことにしよう。


選挙戦は戦争だ。自分の頭で考えて行動を決めなければ、戦には勝てない。セオリーのまま戦い続けては、セオリーの中で私は戦に負けてしまうだろうと思った。



昨日、今日と街頭演説に出かけて、私は自分の行動が一般的なセオリーのままに動いているということに気が付いた。

他の候補と、出くわすだけなら、37人も候補者がいるのだから仕方がないとも思える。だが、同じ候補者と何度も出くわすということになると、同じセオリーの中で動いているということになる。

自転車とハンディメガホンで動いている私が、アンプを付け、大きなスピーカーを付けた選挙カーに勝てるわけがない。



明日から私は、昨日今日とは違う戦い方をしていこうと決めた。

選挙を面白くする。

これが私の、選挙戦のテーマだ。





[PR]
by active_report | 2015-04-20 21:13 | 選挙期間