Weekly-ai

ほっと一息つける雨の一日。
天気が良ければ活動量が増える。

だが、初出馬の私は勝手も分かっていないこともあってストックがない。
毎週発行している
weekly-aiの原稿書きと編集入稿に支障を来してくる。

c0357961_11003819.png







時折の雨は、そんな事務方作業を進めるにはちょうど良い。


私が選挙に関して思うことは、
立候補予定者がそれぞれ政策をアピールするこの期間……
この期間をもっと社会的に有効に使う方法はないのかということだ。


私が
weekly-aiの発行を決め、実際に発行しはじめて、
多くの方から「難し過ぎる」「こんなに細かく書いても読まない」と指摘を受けている。

けれども住民の、地方政治・地域事情に関する周知度は、
私を含めて高くない。

選挙の期間だからこそ関心が向くのであって、
常日頃の政治は身近な存在ではない。
有権者の判断の前提となる情報は不十分なのだ。

政策をアピールするこの期間に、
それぞれの陣営が少しづつでいいから、
自分の政策に関するデータに基づいた状況分析と、
それに対する見解を述べていければ、
住民の地域に対する理解は深まるのではないか。

そしてそこにこそ、立候補予定者の見識と姿勢が見えてくるのだろうと考える。


Weekly-ai
は、そう考える私の、ひとつのテーゼなのだ。


[PR]
by active_report | 2015-03-19 23:54 | 選挙が変らなければ、政治は変わらない!